ここからサイト共通のヘッダー情報です

サイト内共通メニューへジャンプ

本文へジャンプ


ここからサイト内共通メニューです

各カテゴリのメニューへジャンプ

本文へジャンプ


トップページ > CSR > 安全への取り組み

ここから各カテゴリのメニューです

本文へジャンプ

安全への取り組み

1.安全方針

当社では、安全方針の基本理念を「安全は、会社の良心である」と定め、全作業所で労働災害の低減と快適な職場環境の実現に向けた活動を行っています。

MAEDA 安全方針
【基本理念】「安全は、会社の良心である」

「安全は、会社の良心である」を安全行動の基本理念とする。
生命・健康を守るという「人間尊重」の精神は、一人ひとりの努力によって積み重ねるものであり、与えられるものではない。
良心にしたがい、社会の倫理である災害防止活動を、全社一体となって遂行し、安全な職場と快適な作業環境を創出する。

【安全衛生基本方針】

役職員並びに関係者が一体となって、安全衛生管理の仕組みに従い、法令はもとより関連諸規定を遵守し、次の2項目を基本とした健康で安全・安心な事業活動を遂行する。

①安全三原則の遵守
「安全三原則」を最重点実施事項とした災害防止対策を一人ひとりが徹底する。

  • 整理整頓の徹底
  • 作業前打ち合わせの確実な実施
  • 服装は端正に

②安全十戒を基本とした災害防止
「安全十戒」を基本とした危険有害要因の予測を行い、作業に即応した災害防止対策を徹底する。

  1. 1. 火を使うときの対策はよいか
  2. 2. 高所作業中や開口部からの墜落防止はよいか
  3. 3. クレーン等の転倒防止、玉掛けはよいか
  4. 4. 鉄骨、足場などの倒壊のおそれはないか
  5. 5. 重機、車両に人が接触するおそれはないか
  1. 6. 上部作業の下方立入禁止はよいか
  2. 7. 落石、地山崩壊、出水に対して油断はないか
  3. 8. ガス、酸欠の発生を予見したか
  4. 9. 第三者、埋設物への配慮はよいか
  5. 10. 臨時、突発作業の対策はよいか

前田建設の考える「良心」とは

前田建設の考える「良心」とは

法令の規制による管理レベルは最低限守るべきものでありますが、社内規則等独自に定めた基準により管理レベルを向上し、さらに個々の作業所に即した改善を行うことにより一層のリスク低減を図っています。このような努力の積み重ねを「良心」と考えています。

「安全十戒」による危険の把握

「安全十戒」による危険の把握

過去に経験した災害の反省から同種の災害を繰り返さないための戒めとして十項目を導き出したものであり、作業を行うに際し具体的な安全対策を策定するための当社独自の指針です。朝礼会場、打ち合わせ室などに掲示し、常に作業に潜む危険の早期顕在化に取り組んでいます。

2.労働安全衛生マネジメントシステム(MAEDA OHSMS)

当社では2002年から労働安全衛生マネジメントシステム(MAEDA OHSMS)を運用しています。

労働安全衛生マネジメントシステム(MAEDA OHSMS)

MAEDA OHSMSの運用の中でも中核となるのが、安全衛生計画を策定する際に実施する「リスクアセスメント」です。当社は効果的な「リスクアセスメント」のため、本店、支店、作業所における体制、実施時期、実施手順などを詳細に定め、その内容を自社従業員だけでなく協力会社へも指導教育し、周知を図っています。特徴としては、作業所における「リスクアセスメント」を次に示す3段階で実施し、その精度を向上させている点です。

第1段階(工事着手時)

  • 着手前に、工事全体にわたる「リスクアセスメント」を実施します。

第2段階(月次)

  • 月次の災害防止協議会で翌月の作業単位ごとに実施します。

第3段階(日次)

  • 日次の工事安全打合せで翌日の作業単位ごとに実施します。

3.近隣住民の皆さまの安全を確保する取り組み

工事を施工するにあたり、近隣住民の皆さまも大切なお客様であると当社は考え、近隣住民の皆さまの安全を確保する取り組みを行っています。

仮囲い自在アールコーナーの開発

建設現場の仮囲いは、近隣住民の方との接点だと考えています。コーナー部分の仮囲いは通常はクッション材は貼りつけてあるだけです。当社は、コーナー部を曲げることができる自在アールコーナーを開発しました。自在アールコーナーは80度〜180度まで調整可能で、フラットパネルと一体化しておりコーナークッションが不要なため、美観の向上だけでなく見通しよくなり出会いがしらの衝突事故を回避でき安全性も向上しています。また、クリアパネルとすれば、さらに見通しが良くなり、工事の様子も見ていただくことができます。

アールコーナー
アールコーナー

通常のコーナー仮囲い
通常のコーナー仮囲い

自然災害への備え

自然災害への備え 避難場所完成後の集合写真
避難場所完成後の集合写真

海岸に近接した九州支店丸市尾トンネル作業所では、地区住民の皆さまの「津波に備え、高台に避難場所をつくりたい」との要望に応えるべく、災害協定を締結し、地区住民の方々とともに、避難場所を造成し避難経路の清掃も行いました。高齢化が進んでいる地区からは、「地元の力だけでは実現できなかった」との謝意もいただきました。

アスベスト対策

アスベスト対策 封じ込め作業状況
封じ込め作業状況

アスベストの対策工事においては、いかなる状況においても周辺環境にアスベスト粉じんを飛散させないことが求められます。アスベスト対策工事は解体工事におけるアスベスト除去工事と既存建物におけるアスベスト処理工事の2つに分かれます。当社は、関係法令や行政指導を遵守することはもちろんのこと、豊富な施工実績をふまえた厳格な施工管理を実施し万全のアスベスト対策を実施しております。

防犯パトロール

防犯パトロール 児童の下校見守り運動
児童の下校見守り運動

MAEDAグループの㈱前田製作所では、「子供たちの安全を守りたい」という気持ちで、2006年から「児童の下校見守り運動」を自主的に始め、2010年9月29日に全国防犯協会連合会より「社会安全功労賞」を受賞しています。

4.前友会の取り組み

推進体制

協力会社のうち、主要な約500社と「前友会」を組織しています。前友会では、総会の他、定期的に安全環境部会を開催し安全活動に関する活動方針の策定等を行っています。さらに全国13支部でも支部総会、安全大会等の開催、安全環境部会の運営など自主的な安全管理を行うとともに、当社との意見交換を行うことによりS(安全)だけでなく、Q(品質)、D(工程)、M(モラル)、E(環境)の向上に努めています。また、支部間の交流についても積極的に行い、各社が取り組んでいる安全に関する優れた活動を水平展開しています。

前友会の取り組み 安全環境部会の開催状況
安全環境部会の開催状況

活動内容

関西支部合同パトロール
関西支部合同パトロール

活動方針については、当社方針とすり合わせを行い前友会として取り組むべき基本方針が年度ごとに策定されます。それを受け各支部では、地域の特性などを踏まえた支部方針が策定され、活動が展開されています。活動を通して明らかにされた課題に対しては、当社と意見を交換し改善策を協議しています。
さらに、安全パトロールについては、当社本店と各支部が合同で行う「合同安全パトロール」、支部単位で計画実施している「支部安全パトロール」、会員会社の事業主が行う「事業主パトロール」など形態の異なるパトロールにより、実効ある活動を行っています。
また、前友会支部ごとに協力会社職長に対する安全教育を行い、現場安全管理のキーマンである職長の能力向上を図っています。

5.安全衛生教育

社員教育

入社年次や職種、階層に応じたタイムリーな教育や研修として、新入社員、3年次、5年次、10年次、中間管理者などを対象とした集合教育の他、OJTトレーナー制度による実践を踏まえた知識技術の習得を図っています。また、生産活動の主体である現場を担当する社員に対しては、総合的視野で安全に配慮した施工管理ができる人材を育成するため、現場施工に即した安全教育を行っています。現場のトップで指揮を執っている責任者と現場の最先端で管理する担当者で異なるカリキュラムを設け、役割に応じた内容としています。教材についても、過去の当社が経験した重大災害をテーマとしたDVD教材を独自に作成するなど、工夫を凝らしたツールを開発しています。

協力会社教育

協力会社の安全活動を向上してもらうため、現場施工でのリーダーとなる職長に対し一定期間ごとに再教育を行い、安全管理能力の維持向上を図っています。作業者に対しても、送り出し教育、新規就労者教育、定期的な安全衛生教育を日常活動の中で実施し、繰り返し教育の場を設けることにより作業者の安全知識技能の向上に努めています。

6.前田救護活動隊:MRT(Maeda Rescue Team)

当社では建設会社として唯一のずい道救護隊(MRT)を有しています。過去に起こしてしまった悲惨な事故(メタンガス爆発や坑内火災等)を風化させずに『二度と起こしてはならない』という強い信念のもと2007年10月16日の発足以来、年2回定期に訓練を行っています。『災害の未然防止』を図ることを主な目的としています。本支店役員と隊長以下28名の隊員が2016年4月に第17回目、10月には第18回目となる救護訓練を実施しています。

MRT(Maeda Rescue Team)

MRT(Maeda Rescue Team)

第17回 MRT(Maeda Rescue Team)定期訓練 中部支店丸子トンネル(作) 於 2016年4月

  • MRT隊員心得
    • 一、救護技術と知識の向上を図る
    • 一、災害の未然防止に努める
    • 一、致団結して事に当たる
    • 一、二次災害の防止に努める
    • 一、正確に判断し迅速に行動する
    • 一、誠実な心で全力を尽くす

第18回MRT ※定期訓練を実施しました

10月8日、9日に第18回MRT定期訓練を実施しました。
釧路コールマイン株式会社(KCM)にて酸素呼吸器の点検・組み立てに関する知識の習得と構造理解を行っています。初日訓練終了後は、本支店役職員とMRT隊長以下28名で災害の未然防止を再認識し、翌本訓練の安全を祈念しつつ様々な意見討論を行いました。
9日本訓練(二日目)は釧路炭鉱救護隊41名との合同訓練を開催。KCMにしかない全国で唯一の『特殊訓練用坑道』にて、全4班20名の隊員が「高温・濃煙下での坑内探索訓練」と「障害物除去・罹災者救出訓練」を実施しました。坑内は、消火訓練坑道を含め100度以上、視界不良30cm以下となる環境下での高度な訓練です。救護技術の難しさを体感し、訓練の失敗・反省点や改善点を確認しました。MRTは厳しい訓練を通して、リーダーシップ、チームワークも学び、安全に対する高い志を継承しています。そして 『出動なき隊』であることを切に願っています。

MRT隊長 吉田純也
※MRT=Maeda Rescue Team

本支店役員・MRT隊員集合写真
本支店役員・MRT隊員集合写真

前進基地 着装準備(入坑前)
前進基地 着装準備(入坑前)

障害物除去負荷訓練・罹災者救護(高温・濃煙前状況)
障害物除去負荷訓練・罹災者救護(高温・濃煙前状況)

特殊訓練坑道 罹災者救出訓練(高温・濃煙下)
特殊訓練坑道 罹災者救出訓練(高温・濃煙下)

このページのトップへ