前田建設ファンタジー営業部

MTV 前田テレビ MAEDA TV On Air

前田建設の持つ様々な動画コンテンツをこちらで紹介いたします。技術・ノウハウ・実績・過去の貴重な映像などの動画を定期的にアップしていくほか、イベント開催時ほかには生中継も実施します。どうぞご覧下さい。

前田建設は今後5年以内に実現する技術を想定し、新たなビジョンTPMm2021を策定しました。
これからもTPMmは、多くの方々と協働による創意工夫により、業務改革、業務革新を進め、
生産性の向上を目指していきます。

勇気の仕事。partⅠ

勇気の仕事。partⅡ

地中を熱源とするヒートポンプを用いて冷暖房を行い、
一般的な空調よりも「電力消費量」および「CO2排出量」を削減します。
排熱を大気へ放出しないことも含め、環境面に優れた空調システムです。

耐震補強をお考えの皆様、居ながらかつ短期間で施工が終わり、
竣工後の外観意匠もユニークに仕上がる「マスターフレーム」構法。
建物外壁にプレキャスト(PCa)部材を取り付けるため、鉄骨材を使う従来工法に比べて低コストで、
PCa化により現場でのコンクリート打設を省略できるため短工期を実現します。

アイクロアのPR映像
実際にアイクロアを活用している担当者が出演しています。

すでに建造されている戸建住宅など、スペースが限られる施工条件でも
地盤改良ができる液状化対策工法です。
専用の超小型マシンは非常にコンパクトであり人力で移動できるため、
クレーンを使用する必要がありません。また、一般的な技術と比較して、
地中壁の厚さを確保した上で、合理的に造成本数と改良体積を削減できるため、
施工費の大幅な縮減と工期短縮を可能とする技術ですので、是非ご覧ください。

※実証事業に採択されています
■平成23年度、建設技術研究開発助成制度(国土交通省)
■平成24年度、液状化対策工法実証試験(浦安市)
■平成26年、建築技術性能証明を取得予定

建築現場の総責任者である建築作業所長の仕事とは、どのようなものか。
激変する建設業界で「信頼される建設会社」「環境経営No.1と言われる建設会社」を目指す前田建設。
その最前線の現場で、ものづくりに徹底してこだわる建築作業所長の一日の仕事ぶりを、
ドキュメンタリータッチでご紹介するビデオの予告編、是非ご覧下さい。

高圧噴射撹拌工法は本来、都市土木の仮設用でしたが、巨大地震に備え液状化対策や耐震補強を実施する事例が増加しており、これら本設利用ニーズの高まりに対応すべく、前田が開発したコストダウン・工期短縮・高品質に寄与する地盤改良工法がマルチジェット工法です。セメントミルク噴射口をツインノズルに、造成用ロッドの動きを従来の回転式から揺動式に、噴射圧力を従来工法(主に30MPa)より高い40MPaに、削孔を下向き超高圧水ジェット噴射に、それぞれ改良しています。

トンネルにおける覆工コンクリートの高品質化要請が強くなり、当社ではコンクリート打設から締固め・養生まで、例えば1) 高品質トンネル覆工天端部締固めシステム 2) 浮き(センサー付)バイブレーターシステムなど、さまざまな工法を次々と開発。それを一体システム化し「前田覆工マルチ工法」として現場投入することにで、覆工コンクリートの高品質化、高耐久化を実現しました。

以前、使用していた会社案内イメージビデオです。実際の現場で実際の職員に登場してもらい、前田建設の一人ひとりが地域の一員として、また地球の一員として、何に頑張っているかを伝える内容となっています。当時の社長小原も登場しています。

以前、使用していた会社案内イメージビデオです。前田建設のアウトプットは、さまざまな場所で皆様の身近にあることをお伝えする内容となっています。

香港で竣工した世界最大級の斜張橋、ストーンカッターズ橋の施工を前田建設は担当しました。その記録ビデオです。

熱戦が繰り広げられている福岡ドーム(現ヤフードーム)の施工を担当しました。実現までに投入された数々の技術をご覧下さい。