ここからサイト共通のヘッダー情報です

サイト内共通メニューへジャンプ

本文へジャンプ


ここからサイト内共通メニューです

各カテゴリのメニューへジャンプ

本文へジャンプ


トップページ > 技術紹介 > 建築技術 > 免震レトロフィット工法

ここから各カテゴリのメニューです

本文へジャンプ

免震レトロフィット工法

技術の概要

免震レトロフィット工法は、既存建物の最下層や中間層に免震装置を組み込み、耐震性能に優れた建物を実現する工法です。一般の耐震補強工法とは異なり、工事箇所が特定されるため建物を使用しながらの工事が可能であり、建物全体の意匠性や機能を損なうことがありません。庁舎や歴史的建造物を中心に適用が始まりましたが、今後、耐震化促進の必要性増大のなかで、注目を集める究極の耐震補強工法です。

技術の特徴

1.既存建物の最下階ないしは中間階の柱を切断し、挿入した積層ゴム免震装置によって建物の荷重を支えると共に、地震の揺れが建物に伝わらないようにする工法です。
2.免震化する階以外の部分の補強をほとんど必要としません。
3.工事階以外の機能やレンタブル比を阻害することがありません。
4. EVなどの縦穴の納まりや、配管ジョイントなどに対する工夫を施しています。

■既存住宅を住みながらの免震レトロフィット工事
集合住宅の免震レトロフィット化工事を実施。地下1階に積層ゴムによる免震装置を設置して安全性を高め、外観・エレベーターホールなどを一新。安心で快適な集合住宅に生まれ変わりました。

メリット

1.他の耐震補強工法に比べ、耐震性能を著しく改善することが可能です。(地震保険を削減することができます)
2.建物を使用しながらの工事(居ながら施工)ができるので、営業を継続しながらの耐震補強が可能となります。(仮移転費用がかかりません)
3.耐震改修で既存適合させることにより大規模改修の道が開け、施設の収益性向上の可能性があります。

特記事項

「耐震改修促進法」による助成や緩和措置を受けることが可能な場合があります。

実績

九段北宿舎模様替工事(H15) 東京都千代田区 集合住宅

適用工種

学校、病院、庁舎、集合住宅、歴史的建造物、事務所ビル

このページのトップへ