ここからサイト共通のヘッダー情報です

サイト内共通メニューへジャンプ

本文へジャンプ


ここからサイト内共通メニューです

本文へジャンプ


トップページ > 前田建設のオススメ > トンネル工事用機械へのインテリジェントカメラによる人(作業員)検知システムの適用~過酷な環境下でも映像情報のみで人とモノを瞬時に判断し警告~(2015/11/16)

前田建設のオススメ

前田建設のオススメ

アーカイブ

  • bnr_cds
  • bnr_skunkworks
  • bnr_fantasy
  • bnr_maedakensetsu

トンネル工事用機械へのインテリジェントカメラによる人(作業員)検知システムの適用~過酷な環境下でも映像情報のみで人とモノを瞬時に判断し警告~(2015/11/16)

<概要>
 前田建設工業株式会社(本社:東京都千代田区、社長:小原好一)はこの度、サイドダンプ式ホイルローダに、インテリジェントカメラによる人(作業員)検知システム(システム名称:ブラクステール)を採用しました。本システムは暗所、粉塵、雨などの過酷な環境下でも検知対象の判別が可能なヘビーデューティー仕様となっており、広角ステレオカメラの映像情報から、人(作業員)とその他の障害物を見分け、瞬時に警報を発するシステムの採用は初めてとなります。近く、実際のトンネル工事に導入し運用を開始する予定で、今後、トンネル工事で使用する重ダンプトラック、バックホウ他への採用も検討しています。

<背景>
 山岳トンネル工事における坑内重機作業は、照明設備の明かりの下、限られた狭い空間において行うため、他の作業機械や設備、作業員との接触による事故・災害のリスクが高くなっています。特に掘削ズリの積込・運搬作業に使用するホイルローダは切羽において、前進・後退動作を繰返すため、接触事故が発生し重大災害となる危険性がありました。これに対し、従来はモニターカメラによる死角範囲の確認や各種センサーによる警報システムを活用していました。

<特長>
 そこで、当社はこの度、建設機械等と歩行者・作業者の接触事故を防止するために開発された「インテリジェント・カメラ・システム」をトンネル工事用機械に搭載しました。本システムは暗所、粉塵、雨などの、画像処理において過酷な環境下でも検知可能なヘビーデューティー仕様の広角ステレオカメラの映像情報から、人とその他の障害物を判別し、人との接触の危険がある場合にのみ、オペレーターに警告を発します。「人(作業員)」と「モノ」が混在する現場での誤警報や作業員がICタグ、発信器を装着する手間がなく、適時適切な警報を出すことができます。

<システムスペック>
・ステレオカメラ: フランスARCURE社開発 (防水・防塵、耐ショック50Gのヘビーデューティー仕様)
・障害物検知技術:フランス原子力・代替エネルギー庁 開発の特許技術 
※いずれも日本総発売元:エウレカ株式会社 http://www.eureka-sol.com/


人(作業員)検知用広角ステレオカメラ(ヘビーデューティー仕様)


サイドダンプ式ホイルローダへの搭載状況


人との接触の危険がある場合のみ、モニター(左)に警告が表示
同時に警告灯(右)が作動し、警報音が鳴ります

<問い合わせ先>
〒102-8151 東京都千代田区富士見二丁目10 番2号
前田建設工業株式会社 総合企画部 広報グループ
電話03-5276-5132

トンネル工事用機械へのインテリジェントカメラによる人(作業員)検知システムの適用

一覧に戻る

このページのトップへ