ここからサイト共通のヘッダー情報です

サイト内共通メニューへジャンプ

本文へジャンプ


ここからサイト内共通メニューです

本文へジャンプ


トップページ > 前田建設のオススメ > 「前田建設ファンタジー営業部」が映画化!全国の劇場で来年公開!~高杉真宙、おぎやはぎ・小木らが職員の奮闘を演じる、建設青春物語~(2019/6/28)

前田建設のオススメ

前田建設のオススメ

アーカイブ

  • bnr_cds
  • bnr_skunkworks
  • bnr_fantasy
  • bnr_maedakensetsu

「前田建設ファンタジー営業部」が映画化!全国の劇場で来年公開!~高杉真宙、おぎやはぎ・小木らが職員の奮闘を演じる、建設青春物語~(2019/6/28)

<概 要>
前田建設工業株式会社(本店:東京都千代田区、社長:前田操治)が公式ホームページで公開している webコンテンツ「前田建設ファンタジー営業部」が出演・高杉真宙、脚本・上田誠、監督・英勉で実写映画化されることになりました。建設業のPRを目的として、2003年に若手有志職員のボトムアップ活動として始まった取り組みは、立ち上げ当初の苦戦を乗り越え、大手検索サイトでの紹介をきっかけにブレイク。その後、様々なメディアの関心を集め、書籍化(幻冬舎 2004年以降複数)、舞台化(ヨーロッパ企画 2013年)もされています。この度、映画作品としての可能性を感じた映画プロデューサーの企画により実写映画化。来年全国公開されることになりました。建設業に興味のない方々にも建設業の魅力を伝えられる作品となっています。
詳細は、以下情報とともに、製作幹事会社バンダイナムコアーツからのリリース文をご確認ください。

<作品情報>
■ 原 作:「前田建設ファンタジー営業部1 マジンガーZ地下格納庫編」(幻冬舎文庫 刊)
■ 脚 本:上田誠(ヨーロッパ企画)
■ 監 督:英勉
■ 出 演:高杉真宙 小木博明 上地雄輔 本多力 岸井ゆきの ほか
■ 制 作:ADKクリエイティブ・ワン/パイプライン
■ 配 給:バンダイナムコアーツ/東京テアトル
■ ©前田建設工業株式会社/Team F ©ダイナミック企画・東映アニメーション


会社員役を熱演する主演の高杉真宙


ファンタジー営業部の5名

<詳 細>
「前田建設ファンタジー営業部」は、アニメやゲームの世界に存在する、特徴ある空想上の構造物・建造物の建設を“本当に受注し、現状の材料や技術で建設するとしたらどうなるか?”を、工期・工費を含め正確に検証するwebコンテンツです。連載を開始した2003年ころ、建設業は3K職場の印象に加え、バブル崩壊後の建設不況、談合といった暗い話題が多く、負のイメージが強い時期でした。しかし、ファンタジー営業部の創設メンバーやその周囲は、インフラ建設に携わり技術力やマネジメント力を発揮する建設業の仕事に少なからず「やりがいと誇り」を感じており、世間からの評価とギャップを感じていました。そのような時、若手有志職員の数名が中心となり、ボトムアップで始まった活動がファンタジー営業部です。単に会社の知名度を上げるための広告ではなく、建設業に全く興味のない方々に建設業がどのようなことに汗をかき対価を得ているのか、仕事の中身を理解したうえでファンになってもらうことを目的とし、読者にわかりやすく理解してもらう手段として、アニメやゲームに登場する構造物・建造物を対象としました。これまで、「マジンガーZ」の地下格納庫編、「銀河鉄道999」高架橋編、「機動戦士ガンダム」地球連邦軍ジャブローを創ろう編が書籍化され、2013年には舞台化もされるなど、建設業界内外で話題の取り組みとして知られています。

映画「前田建設ファンタジー営業部」は、実際に当社内でウェブ企画が立ち上げられた2003年を舞台に、アニメ「マジンガーZ」の出撃シーンで目にする地下格納庫兼プール(?)を「現状の技術および材料で建設するとしたらどうなるのか?」についてファンタジー営業部のメンバーが試行錯誤と七転八倒を繰り返す姿を描いたものです。
社外で彼らを支えた熱き技術者たちとして、実際に「マジンガーZ」編の検討時にお世話になった日立造船株式会社や株式会社栗本鐵工所、株式会社前田製作所にも撮影協力いただき、撮影場所も前記の3社と当社の複数施設に加え、静岡県川根本町の長島ダム(管理:国土交通省 中部地方整備局)、福島県のいわき市と田村市をつなぐ県道吉間田滝根線 広瀬1号トンネル工事(発注:国土交通省 東北地方整備局)など実際のインフラや施工中の現場などでもロケを行い、建設業の魅力やスケールを伝える作品になっています。

主演は大ヒット上映中の「映画 賭ケグルイ」や「ギャングース」などで活躍が続く若手実力派の高杉真宙。
ファンタジー営業部を立案した破天荒な上司として小木博明(おぎやはぎ)。他にもファンタジー営業部員として、上地雄輔、本多力、岸井ゆきのらの実力派の俳優、女優陣が出演します。脚本は2013年春に本作の舞台化を果たし、2017年「来てけつかるべき新世界」で第61回岸田國士戯曲賞を受賞したヨーロッパ企画代表・上田誠。監督は、「映画 賭ケグルイ」、「あさひなぐ」、「ヒロイン失格」など数々のヒット作を生み出してきた英勉が担当しています。
本作の公開は2020年を予定しています。どうぞご期待下さい。

<前田建設ファンタジー営業部公式ホームページ>
http://www.maeda.co.jp/fantasy/index.html

<問い合わせ先>
前田建設工業株式会社 総合企画部 広報グループ
電話03-5276-5132

「前田建設ファンタジー営業部」が映画化!全国の劇場で来年公開!
バンダイナムコアーツからのリリース文

一覧に戻る

このページのトップへ