ここからサイト共通のヘッダー情報です

サイト内共通メニューへジャンプ

本文へジャンプ


ここからサイト内共通メニューです

各カテゴリのメニューへジャンプ

本文へジャンプ


トップページ > サービス&ソリューション > ICT・CAD・情報化:MAEDA 3D-CADシステム

ここから各カテゴリのメニューです

本文へジャンプ

MAEDA 3D-CADシステム

前田建設は2001年より設計・施工物件において3次元CADを本格的に導入し、企画段階から設計・施工、維持管理までのあらゆる段階において活用してまいりました。現在建設IT技術の中核といわれるBIM(ビム:ビルディング インフォメーション モデリング)を先取りしたMAEDA 3D−CADシステムは、設計段階で施工情報を取込みながら品質の高いデータを構築するのが特長であり、お客様は以下の3つのメリットを享受できます。

MAEDA 3D-CADシステムとは

コンピュータの中に立体的な仮想建物(バーチャルビルディング)をつくりながら設計を進めていくシステムです。デザイン目的のCGだけではなく、構造躯体や設備・電気のデータを内包しています。
図面・CGパース以外に、あたかも自分がバーチャルビルディングの内部を歩くかの様なリアルタイムウォークスルーや、3Dデータをそのまま立体で出力する3Dプリンター等のソリューションを用意しています。 設計の進捗に合わせて正確な数量を算出し、事業予算を考慮しながらプロジェクトを推進することも可能です。 設計だけではなく施工図・製作図等現場でのものづくりの段階まで整合されたデータを展開することで品質の高い建物を御提供致します。

MAEDA 3D-CADシステムとは

MAEDA 3D-CADシステムとは

お問合せはこちらから

このページのトップへ