ここからサイト共通のヘッダー情報です

サイト内共通メニューへジャンプ

本文へジャンプ


ここからサイト内共通メニューです

各カテゴリのメニューへジャンプ

本文へジャンプ


トップページ > サービス&ソリューション > 住宅のエンジニアリング:集合住宅向け 床チャンバー空調システム

ここから各カテゴリのメニューです

本文へジャンプ

集合住宅向け 床チャンバー空調システム

システムイメージ

「床チャンバー空調システム」は、集合住宅の多くに採用されるシステム二重床を冷暖房と換気の給気チャンバーに利用しながら、居室別に空調運転と室温設定の制御を可能とした、住戸セントラル式の集合住宅空調システムです。

システムイメージ

メリット

新しい「対流+ふく射」式冷暖房による快適環境

  • 床表面温度が室温より約2℃高く、床暖房のように足元から快適な環境を全居室で実現します。
  • 床面からのふく射と気流の両方で冷暖房を行うため、気流速度が低減されます。
    (冷房気流による不快感、暖房気流による乾燥感、床面からの埃の舞い上がり等が少ない快適な環境を実現)

詳しくはこちら

ゆとりある居住空間のデザイン

  • 集中化した室内ユニットを非居住空間に、床吹出し口を各居室にビルトインしたシステムです。
    エアコン室内機や冷媒配管が居室内に露出せずスタイリッシュなインテリアを実現します。
  • リビング等の開口部にハイサッシ・ワイドサッシを計画しやすく、開放的な空間を創造できます。
  • ファン騒音が気にならない静かな空間を実現します。
  • 室外機の設置スペースが1台分で済み、エクステリア空間(バルコニーや共用廊下)の質やデザインを向上します。

詳しくはこちら

省エネルギー

  • 機器効率が高いヒートポンプ方式により床暖房効果を得るため、環境負荷を低減でき、経済的。
  • 居室別に空調の運転や温度設定が可能であり、従来のセントラル式空調に対して省エネルギー。
  • 乾式二重床の床先行工法により、パーティクルボードの残材を低減します(施工時)。
    また将来の間仕切り壁の移動、設備更新を容易にし、環境負荷を低減します。

詳しくはこちら

実験結果

プロトタイプ実験住宅にて、室内温熱環境に関わる実測(気温、床表面温度、気流等)、被験者生活実験、モニターアンケート評価等を実施し、快適性に優れることを確認しました。
また、浮遊粉塵量や浮遊真菌量に関わる実態調査、二重床空間での真カビ生育性調査、室間遮音性能試験等を実施し、基本性能に問題がないことも確認しました。
「床チャンバー空調システム」の性能・機能の向上に向けた技術開発を今後も推進し、全居室分の冷暖房設備をビルトインした高付加価値な住宅システムを提案していきます。

詳しくはこちら

実験結果図

実績

Q&A

お問合せはこちらから

このページのトップへ