ここからサイト共通のヘッダー情報です

サイト内共通メニューへジャンプ

本文へジャンプ


ここからサイト内共通メニューです

各カテゴリのメニューへジャンプ

本文へジャンプ


トップページ > 技術紹介 > 建築技術 > 高引き抜き対応型免震装置

ここから各カテゴリのメニューです

本文へジャンプ

高引き抜き対応型免震装置

技術の概要

免震構造に用いる積層ゴムアイソレータは、引張力に対して弱い性質を有しているため、高層免震建物などでは、大地震時に引張力を受けない工夫が必要となります。本装置(ゴムリング)により、地震時に積層ゴムアイソレータに作用する引張力を緩和することが可能となり、設計の自由度が大きくなります。

技術の特徴

1.取付けアンカーボルトの頭(ワッシャー)とフランジプレート間に挟む柔性体として使用します。
2.積層ゴムアイソレータに引張力が加わり浮上り変形が作用しようとした時、ゴムリングが縮み、フランジプレートとベースプレートの間に隙間が生じることで、積層ゴムアイソレータそのものに生じる引張り変形(引張力)を緩和します。
3.ゴムリングの内部に、これより高さの低い内部鋼リングを挿入することで、ゴムリングを過大な変形から保護します。
4.嵌合機構と組み合わせることで、取付けアンカーボルトにはせん断力が作用しないようにします。

メリット

1.積層ゴムアイソレータに生じる引張力を緩和できます。
2.引き抜き許容型の設計を行うことで、上部躯体に地震時に作用する応力を緩和できます。
3.積層ゴムアイソレータ端部に作用する引張力を緩和できます。
4.積層ゴムアイソレータを設置するフーチングの引き抜きに対する設計が緩和できます。
5.従来の引き抜き対応治具よりもコンパクトで、フランジプレート、フーチングなどを経済的に設計できます。

特記事項

1100Φの実大積層ゴムを用いた載荷実験を行い、想定通りの挙動を確認しました。

適用工種

免震構造

関連資料

日本建築学会:ゴムリングを用いたφ1100積層ゴムの性能確認試験、2010

備考

・東京工業大学、錢高組と共同開発しました。(特許第4330171号)
・昭和電線デバイステクノロジーにおいて販売しています。

このページのトップへ