商品サービス

施設のライフサイクルにおける各段階で必要なICTツールは異なります。
TPMsでは、ライフサイクルを通じて行う必要があるさまざまな文書の管理はもちろん、事業計画、設計見積、施工、保守運営、リニューアルという各段階に合わせて最適な提案を建設会社ならではのノウハウに基づき行ないます。

事業計画 保守運営リニューアル 情報管理 設計見積 施工
情報管理
情報共有ツール ichroa

ライフサイクルを通じて行う必要があるさまざまな文書の管理はもちろん、事業計画、設計見積、施工、保守運営、リニューアルという各段階のワークフローに合わせた情報システム構築が可能です。

事業計画
MSP-3D 情報共有ツール

関係者が同じ認識で計画を進めるためにプロジェクトの早い段階から積極的に3次元モデル化を行っていきます。
例えば生産施設の計画では、製造ラインのレイアウトや製造環境、各種動線や施設の仕様と製品の生産性をインダストリアル・エンジニアリング(IE)と3次元設計によるビジュアル化されたデータを共有することで短期間でも最適な検討結果を得ることができます。

設計見積
MAEDA 3D-CAD 情報共有ツール

設計作業ではMAEDA 3D-CADシステムを使用することで計画している施設をリアルに仮想空間上に再現していきます。それにより問題点が事前に把握できますので、この段階での充分な検討により後工程で再検討をする手間を低減できます。
進捗状況や意思決定のプロセスを公開できますので事業の透明性を担保することができます。

施工
WEBカメラ Handy BUZ 情報共有ツール

施工期間中は専門業者、建材メーカーをはじめ、多くの関係者が工事に従事しますので、情報伝達を最適化させることはスムーズな施工管理・品質管理につながります。また、施設が完成した後でも品質にかかわる施工記録を体系的に保存しておくことは施設の資産評価を容易にするためにも重要です。

保守運営・リニューアル
Handy BUZ コールセンター 情報共有ツール
ichroa

点検履歴、備品類情報、設備更新情報、改修情報などの基礎情報を蓄積することで、建物の承継、活用に関する検討が容易となります。また基礎情報は各種災害時等にも迅速な対応につなげ、復旧に関する手間の低減につながります。
さらに蓄積された情報を分析することで、計画的な修繕計画につながります。また次物件を計画するときには、分析結果をフィードバックすることで情報を使い続けることも可能になります。