ダイバーシティの取り組み

当社は、個の多様性を尊重し、一人ひとりが能力を最大に発揮できる「誰もが働きやすく、働きがいのある職場づくり」を目指してダイバーシティを推進しています。「働きやすさ支援のしくみづくり」「女性活躍推進」などからスタートした当社のダイバーシティは今、「男女問わず、上司と共に仕事と生活の両立を考える」ステージへとステップアップしています。

働きやすさ支援・次世代育成支援のしくみづくり

出産・育児、介護と仕事を両立する職員をサポートするため、当社は法定以上の支援制度を構築しています。加えて、各種制度をわかりやすく解説することを目的として、2015年に「ワークライフバランス支援ガイドブック」を発行しました。
次世代育成支援対策も継続的に推進しており、2012年に取得した「くるみんマーク」を2017年に再取得しました。また、2017年4月より「不妊治療費用貸付」を開始しています。

くるみんマーク

介護と仕事の両立支援

仕事と生活の両立に向けて、介護に関する正しい知識と情報を得ることを目的として、2016年より本支店で「介護に関するセミナー」を開催しています。

女性活躍推進

2014年より職種別に女性基幹職が集い、「女性活躍推進のための意見交換会」を開催したところ、女性活躍推進に向けた本人の動機づけ、ネットワークづくりに寄与しましたが、その際上司、男性を交えての開催を希望する意見が多数を占めました。そこで、2016年度は職場全体のダイバーシティ推進を目的として、女性基幹職と上司を対象とする「キャリアアップフォーラム」を開催しました。
また、会社の枠を超えた取り組みとして、2017年3月に協力会社会「前友会」の女性経営者と当社女性基幹職の意見交換会を開催したほか、日建連「けんせつ小町委員会」が中心となって推進している「女性が働きやすい現場環境整備」などへの取り組みに加えて、内閣府などが推進する「リコチャレ」(理工系分野に興味ある女子学生の進路選択を応援する取り組み)にも積極的に参画しています。
なお、当社は女性活躍推進法にもとづく厚労省認定(通称:えるぼし)の「2段階」を2016年に取得しています。

えるぼし2段階