マテリアルフロー

マテリアルフロー

  • 12 つくる責任 つかう責任
  • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 15 陸の豊かさを守ろう

当社の2020年度のマテリアルフローを報告します。MAEDAの共有価値の創造プロセス→サステナビリティレポート2021 P.9-12を参照)で報告した価値を社会に提供するために、以下のような資源を投入しました。その上で、発生する環境負荷を低減すべく、目標値を設定して活動を行っています(KPI)。なお、スコープ3は環境省「環境情報開示基盤整備に向けたサプライチェーン温室効果ガス排出量算定支援」の考え方に基づいて算出しています。

マテリアルフロー

PDFで開く

エネルギー使用量

2018 2019 2020
施工 電力量 34,116千kWh 28,746千kWh 30,002千kWh
(グリーン電力) 582千kWh 40千kWh 95千kWh
A重油 2kl 0kl 1kl
LPG 66t 122t 73t
軽油 27,675kl 27,284kl 18,455kl
灯油 219kl 188kl 275kl
都市ガス 9,786m3 60,373m3 24,861m3
ガソリン 501kl 418kl 367kl
上水使用量 307,808m3 358,072m3 707,219m3
オフィス 電力量 4,171千kWh 3,835千kWh 3,977千kWh
(グリーン電力) 18千kWh 533千kWh 515千kWh
ガソリン 204kl 423kl 158kl
上水使用量 19,700m3 21,495m3 15,182m3
軽油 10kl 30kl 4kl
灯油 5kl 3kl 3kl
都市ガス 42,632m3 13,546m3 13,787m3

資機材使用量

2018 2019 2020
施工 コンクリート 610千m3 434千m3 516千m3
鋼材 96千t 52千t 312千t
セメント 33千t 13千t 24千t
オフィス 用紙購入量 10,857千枚 11,344千枚 8,235千枚
  • グリーン調達量についてはデータブック「グリーン調達量一覧」参照