法令等遵守(コンプライアンス)

法令等遵守(コンプライアンス)

  • 16 平和と公正をすべての人に

方針・考え方

誠意ある健全な事業活動を通じ、企業価値の向上を追求していく上で、法令等の遵守は企業経営の基本であると考えています。私たちMAEDAは、持続可能な経営を行うために法令等の遵守体制を整備し、適切な運用を行っています。

当社は、2005年に「MAEDA企業行動憲章」を制定して以来、「コミュニケーションと情報開示」「公正な競争」「国際ルールの遵守」「企業倫理の徹底」をはじめとした法令等の遵守に努めるとともに、社会からの要請の変化に応じて当憲章の見直しを随時行ってまいりました。

2020年には、同年6月よりハラスメント対策が事業主の法令上の義務となり、これを放置することは企業活動に影響を及ぼすことになるという認識のもと、会社としてハラスメント撲滅を宣言し、「MAEDA企業行動憲章」の大幅な改定を行いました。

 さらに、長期的かつ安定的な成長を実現するためには、法令等の遵守に加え、ESG(環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance))に関する諸問題への取り組みを強化することが不可欠であるとの考えに立ち、「真に豊かな社会の創造」「人権の尊重」「経営トップの率先垂範(実効あるガバナンス体制の構築)」を新たに行動憲章の項目として定めています。

企業行動憲章全文はこちら

MAEDA企業行動憲章
MAEDA企業行動憲章

マネジメント

法令等の遵守については、MAEDAグループ全体で活動推進に努めています。具体的には、「関係会社規程」に基づき、定期的にグループ会社との連絡会を開催するなど、相互に密接な連携のもとにグループ経営戦略を決定、経営を円滑に遂行し、グループ企業の総合的な事業の発展を図る経営体制を整えています。また、グループ各社のCSR・コンプライアンス体制の構築を継続的に推進しています。

前田建設では、法令遵守の徹底にあたり「法令リスク現場対応ワーキンググループ」を開催し、本店主管部門が把握している法改正情報の共有、社内伝達の要否検討、作業所への周知を実施しています。さらに、データベースに登録された安全、品質や環境で起こりうるリスク情報についても共有し、未然防止対策の立案、周知など、法的リスクの低減を図っています。

また、今年度より法務部を法務・コンプライアンス部に組織変更し、全般的なコンプライアンス教育およびコンプライアンス違反の疑いのある事項に対応する組織を明確にしました。

規範への通報に関する社内通報制度はこちら

CSR・コンプライアンス推進体制(ラインのみ)

実績

当社および社員が果たすべき社会的な役割とその責任を明確にした「MAEDA企業行動憲章」、「MAEDA行動規範」、「前田倫理要綱」や各方針などを折にふれて確認できるよう、「MAEDA経営規範」題した小冊子にまとめ、全社員に配布しています。

また、1年次、3年次、5年次の各集合研修時にCSR・コンプライアンス研修を実施しています。特に「MAEDA企業行動憲章」ならびに「MAEDA倫理要綱」については、入社すぐの研修で読み合わせやテストを行い、内容の理解促進と意識浸透に努めています。

理念等の浸透・定着:【KPI】経営規範に関する教育の受講

理念等の浸透・定着:【KPI】経営規範に関する教育

※受講割合:100%(前田建設工業㈱単体)

アイコン研修を受けた
新入社員のコメント

  • 経営規範が各方針に落とし込まれ、やがては作業所の計画書に繋がっていることがすごいと思った(職種:土木 男性)
  • ステックホルダーに対する会社の社員としての在り方など、これからは自分の行動に伴う責任が今までより大きくなることを実感した。(職種:建築 女性)
  • 創業理念や社是の価値観や方針が前田建設にとっていかに重要であるか、また、新入社員一人一人がこれらを追求・実現するために、強い自覚と誇りを持つ必要があると感じました。(職種:事務 男性)