ここからサイト共通のヘッダー情報です

サイト内共通メニューへジャンプ

本文へジャンプ


ここからサイト内共通メニューです

各カテゴリのメニューへジャンプ

本文へジャンプ


トップページ > 実績紹介 > Construction REPORT > 平成26年度債務負担行為工事 ダム整備事業 最上小国川流水型ダム堤体工事

ここから各カテゴリのメニューです

本文へジャンプ

実績紹介
実績カタログ
Construction REPORT
その声に応える
前田の技術

お問い合わせ

平成26年度債務負担行為工事 ダム整備事業 最上小国川流水型ダム堤体工事

碑文谷ショッピングセンター 耐震補強工事・リノベーション工事

 

TOP
Report#1
Report#2

工事概要

工 事 名

平成26年度債務負担行為工事 ダム整備事業 最上小国川流水型ダム堤体工事

所在地

山形県最上郡最上町大字富澤地内

発注者

山形県

施工

前田・飛島・大場特定建設工事共同企業体

工期

2015年2月26日~2019年6月30日

型式

重力式コンクリートダム(流水型ダム)

規模

堤頂標高:EL.313.0m、基礎岩盤標高:EL.272.0m
堤高:41.0m、堤頂長:143.0m、堤体積:39,850m3

主要工事概要

上流工事用(管理用)道路工、下流工事用道路工
転流工:仮締切工、トンネル工(機械掘削:向掘り4m)、呑口導流壁工、
基礎掘削工:掘削(59,090m3)、岩盤面処理(6,390m2)
コンクリート打設工:堤体(36,320m3)、減勢工(3,530m3)、端部処理工(2,690m3)
高強度コンクリートパネル(UFC):常用洪水吐部:9m2、減勢工副ダム部:106m2
基礎処理工:(コンソリ:628m、カーテン:3,042m)

打設方式

200tクローラクレーンによる拡張レヤー工法

主要仮設備

コンクリート製造設備:1.5m3×2型傾胴式、
骨材貯蔵設備:上屋付き隔壁貯蔵庫方式(購入骨材)、
濁水処理設備:150t/hアクアフィルターシステム(技術提案)

このページのトップへ