TPMsとは

現在の多様化するライフスタイルや社会情勢に対応していくためには、企画設計コスト、建設コストをはじめとするライフサイクルコストを試算するだけでなく、建物に関する情報(履歴)の一元管理により、施設の資産評価をきちんと把握し、価値を高く保っていくことが重要になります。

施設の建設、施設の管理にまつわるお悩み、TPMsが解決いたします
容易な資産評価
  • 資産評価を担保するのに施工品質を確保しておきたい
  • コンプライアンスを強化したい
シームレスなプロジェクト運用
  • 企業間、部門間、業務間の情報ギャップをうめたい
  • 各地の施設の運用状況を把握したい
管理コスト低減
  • 計画的に修繕を行い無駄をなくしたい 
  • 施設を長寿命化させたい
詳しくはこちら
詳しくはこちら
詳しくはこちら
運用事例
敷地を含めて施設を容易に可視化 全国に散らばる施設を同時に管理 施工品質の確保
敷地を含めて施設を容易に可視化 全国に散らばる施設を同時に管理 施工品質の確保

主なICTツールのご紹介

情報共有ツール

計画段階から、施工、共用期間とライフサイクルを通じて情報を一元管理します。

MSP-3D

現状を3次元モデルで再現し、各種プランニング・シミュレーション作業を支援します。

MAEDA 3D-CAD

設計図に描かれた形状をリアルタイムで立体的に確認・検証をすることができます。

WEBカメラ

現場に設置したWEBカメラでいつでも状況を確認することができます。

Handy BUZ

カメラ付携帯電話を活用することにより、報告書等の作成を迅速に行ないます。

コールセンター(24時間対応)

工事案件ごとの進捗状況をタイムリーに共有することができます。

ichroa

建物に関する情報のデータベース化により、効率の良い建物管理に繋がります。