これからの世界がどうなるのか、
傍観するのもいいけれど、
こうなってほしい世界を、
自ら描くことはもっと面白い。

これまでの概念に左右されることなく、
自由な発想で未来を描く。

時代を牽引するとは、
未来への本気さだと思う。

私たちは、本気だ。

だから、変えていける。

Work & Person

仕事と人

02

社員インタビュー

  • 土木
  • 建築
  • 技術・情報
  • 事務
  • 脱請負

MORE

Work style

働く環境

Recruit

採用情報